審美歯科で行えるホワイトニング

歯の治療器具

概要

sika

歯科では、その名が示す通り歯やその周辺組織に関連する疾患についての治療を行っている。
人の歯は乳歯と永久歯の2組みしか無く、乳歯から永久歯へと6歳頃から生え変わり始める。そして、全ての歯が生え変わった後には、新たに歯が生えるという事はない。
歯は、摂食の際に重要であり歯の有無によって、摂食の難易度も大きく変化するのである。

疾患

歯科における二大疾患とは、う蝕と歯周病である。
う蝕とは虫歯の事であり、子供からお年寄りまで幅広い層に患者が存在する疾患の1つである。
そして、歯周病は世界で最も患者数が多い疾患という記録を持っているほどの疾患である。
う蝕が発生する事によって、歯は欠損し始め最終的には抜歯が必要となる為、歯科治療は早期の段階で行う事が有効である。

特徴

sibisika

歯科では、保険適応される治療とされない治療が混在している。
保険が適応される治療では、悪くなった歯を最低限の噛める状態にまで回復させるという治療が基本となる。
それに対し、保険適応外の治療では、悪くなった歯を噛めるようにするという事だけでなく、更に見た目の美しさや噛む能力の向上といったメリットを得ることが出来る。
しかし、保険適応外の場合には、患者の治療費負担は保険適応の3割以下ではなくなり、全額自己負担となる。
その他にも、自由診療の治療費は各病院が自由に設定する事が出来るため、治療を受ける病院によって、治療にかかる費用というのが大きく変化するのである。